LWの近況は…>LW Essays

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

わたしたち

リビングワールドは、コミュニケーション・デザインとモノづくりの小さな会社です。
→Works
クライアントと手がけるプロジェクトと同時に、オリジナルのモノづくりを大切にしています。テーマは「センスウェア」(世界を感じる道具の総称)。
 

Who’s who ?

西村佳哲(にしむら よしあき)
1964年東京生まれ。プランニング・ディレクター。リビングワールド代表。つくる/教える/書く、おもにこの三種類の仕事を手がけている。詳細は個人ページを。
→NISHblog
 
西村たりほ(にしむら たりほ)
東京生まれ。デザイナー、アートディレクター。デザイン誌「AXIS」のデザインチームにて、ウェブデザイン(フェリックスの世界旅行[NTT Communications]など)、エディトリアルデザイン、を経て、現在はリビングワールド全般のアートディレクション、美味しいお茶、草花と土とミミズを担当。School of Healing Arts and Sciences 統合ヒーリング学部在籍中。
→たりほの写真帖から

2014年夏・遠野QMCHにて Photo: Orie Iimuro

フェロー:
Tom Vincent(トム・ヴィンセント)
大内範行(おおうち のりゆき)

ウェブマスター:
 藤田 郁(ふじた かおる)

システム・サポート:
 栗山俊一郎(karufu)

AWARDS:
アースクロック・子どもデザインコンクール 2007年度・グッドデザイン賞
アースクロック 2006年、第40回SDA賞 優秀賞受賞
リブリット 2006年、第24回日本照明賞受賞(関電ビルとして)

 

掲載誌:
THE DICTIONARY / Urabn Research Doors vol.7(2011)
Bon Appetit・7(2009)
空間創造発想帖 ディスプレイデザイナーのアタマとシゴト (2009 六曜社)
MOKU 2008年5月号 人間とはどういうものか?(2008)
リビングワールド:世界を感じるものづくり(2008 PingMag)
meme vol.07 特集:子どもと一緒に(2007 六曜社)
10+1 No.42 特集=グラウンディング(2006 INAX出版)
CONFORT No.87 12月号(2005 建築資料研究社/藤崎圭一郎さんのブログ記事
AERA DESIGN「ニッポンのデザイナー100人」(2005 朝日新聞社 アエラムック)
クウネル Ku:nel 3号(2003/5/15 マガジンハウス anan増刊)
など

 

設立: 2002年9月6日(活動は2000年より)
取引先銀行: 三井住友銀行
主な取引先:
GKテック、日本科学技術振興事業団(日本科学未来館)、内田洋行、共同通信社、神戸空港株式会社、スペースポート、イデー、graf、アストロアーツ、Angers、東急ハンズ名古屋店・男の書斎、tokyobike、山梨県立科学館 など(敬称略)

 
 
有限会社 リビングワールド
FAX:03-6369-4720

東京: 〒168-0064 東京都杉並区永福 4-8-22

神山: *郵便物は局留めでお送りください。ただしヤマトメール便は、局留め受け取りが出来ないのでご注意願います
    〒771-3399 徳島県名西郡神山町
    神領字西上角352-3 神山郵便局留

お問い合せ

thumbnail image リビングワールドのレポート

藤崎圭一郎さんに、ときどき書いていただけることに…

thumbnail image

みならう広さ…

thumbnail image 太陽の光の砂時計(木枠版)

太陽の光の砂時計を、単体で木製フレームに。
◎¥12,960 在庫切れ

thumbnail image 風を待つ部屋

夏の展覧会。今年の主役は、風の動きがつくる、音の…

thumbnail image A DAY・制作日誌

A DAYが出来るまで。公開半年前に描いたスケッチから…