17年1月29日

今日このごろ

東京と四国を、行き来しています。:-)

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

イベント・スケジュール 

商品お取扱い店の一覧
 
LW:BlogTwitts
西村佳哲 NISHblog
西村たりほ Tari’s album

イベントや活動の情報を、時々メールでお送りしています

short hige

たりほの写真帖

tariho20160516

ぎふ麦は…

このあと穂は、どんどん紫色になります。

170129_bum

サウンドバム、ミャンマーへ

17-1-28 西村佳哲

サウンドバムは、1999〜2006年頃に絶賛取り組んでいたプロジェクトだ。パイオニア(Pioneer)の協賛を得ながら、参加者を募って世界各地へ「音の旅」に出かけていた。
→ つづきを読む

by LW 17年1月29日

170120

「する」ことと「起こる」こと

17-1-20 西村佳哲

杉本さんが書いてくれた greenz.jp の記事が有り難い内容で、何度か読み返した。神山の仕事や暮らしはその後もつづいていて、一昨日は町の若手約50名で青木将幸さんを講師に招き、丸一日の「グッドミーティング講座」を体験していた。
→ つづきを読む

by nish 17年1月19日

170101

ニューヨークの鳩

17-01-01 LW

以前クライスラービルの屋上から、高所恐怖症ではないけれどヒヤーッとした気持ちでフェンスに近づいてニューヨークの街並みを見下ろしていたら、どこかから飛んで来た鳩がその向こうにとまって、屋上の縁を「ポッポッー」と歩いてゆく。縁の向こうは高さ282メートルの中空です。
→ つづきを読む

by LW 17年1月1日

161003_nish

どこで、だれと、なにを?

16-10-03 西村佳哲

20代の頃は「自分はなにをすれば?」ということばかり考えていた気がする。その後「なにを」に加え、「だれと」「どこで」という問いがうまく重なり合って、最近はバランスが取れてきた。複雑になったわけでもない。
自分が「なに」を「する」かという話に泥濁していたあの頃は、本当に大変だった。
→ つづきを読む

by LW 16年10月3日

20160515_top

七星テントウとおませ小麦

LW 16-05-15 西村たりほ

 朝晩は、ちょっときゅっと冷え込み、昼間は風が強く、急峻な山合いの空にはさまざまな雲がうごめいています。真夏のような日射しも感じる5月。昨年末に撒いた、おませ小麦が着々と成長しています。去年の6月に神山町で収穫した種です。
→ つづきを読む

by tariho 16年5月15日

160313_galaxy12-01

「太陽系のそと」12cm角版の注釈付き販売

お問い合わせの多い「太陽系のそと|銀河系」12cm角バージョンについて、ある経緯で生じたB品を9点、注釈付きで販売したいと思います。
ご希望の方は以下に目を通し、お申込みください。
→ つづきを読む

by LW 16年3月22日

201602_oinuno

春にむけて

2016-02-26 西村たりほ

冬至前から年末にかけて、なんとか撒き終えた「おませ小麦(和歌山県につたわる小麦)」の若葉たちはすくすくと、撒いた時間差のとおりに地面から姿をみせています。

お借りしている敷地の休耕田の用水路を掃除したり、晩夏にうっかり草刈りをさぼったあたりで冬枯れしている、ヒッツキたち(コセンダングサ)の種がひろがらないよう、ちいさくまとめたり。石積みの間の草は、土をおおきく引き出さないように丁寧に刈りとったり… 実生のヤブツバキに絡まった、つよいつよい葛をとりのぞいたりと、冬の野良仕事もいろいろと。
→ つづきを読む

by tariho 16年2月26日

151010fujibum

スコール

2015-10-10 西村佳哲

年末のワークショップが定員に達したので、お申込みの12名に連絡メールを。末尾にこんな余談を書いた。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

あるとき、フィジーへ旅に出ました。
カヤックで海峡を渡り、島の村々を海岸沿いに訪ねて、休みの学校に泊めてもらったり。
→ つづきを読む

by LW 15年10月10日

150523book

高校生に薦めた2冊

2015-5-23 西村佳哲

最近かかわっているGoogleのプロジェクト「イノベーション東北」の一角で、「福島の子どもたち(高校生)の世界が広がる100冊を選ぼう」という活動が立ち上がり、自分も2冊の本を推した。
→ つづきを読む

by nish 15年5月24日

IF

かかわり方のまなび方

ちくま文庫版

2014-10-08 西村佳哲

2011年2月に出版していた『かかわり方のまなび方』という単行本が、ちくま文庫から装いあらたに(というか同じデザインで)出版された。
→ つづきを読む

by nish 14年10月7日

thumbnail image

おおきいのも ちいさいのも
みんな 渦のなかにいる

thumbnail image 昼の星空

ガラス戸にひらかれた昼の星空

thumbnail image アースクロックの経済学

藤崎圭一郎/Earth Clockレポート(その3:空港社長 編)

thumbnail image A DAY・制作日誌

A DAYが出来るまで。公開半年前に描いたスケッチから…

thumbnail image アースクロック

神戸空港の大時計。地球の昼と夜が、自然の時間を伝える