お知らせ:

デザイン・ジャーナリストの藤崎圭一郎さんが、以前コンフォルト誌に書いた「窓展」のレビューを、blogに公開してくれました。
→銀河の琴鳴らし

title image

窓 展

リビングワールドの仕事展

STARNET ZONE(栃木県・益子 2005)

益子の小山の上にあるギャラリー・STRANET ZONEで、まとまった形でははじめての個展を開催しました。

展覧会のタイトルは「窓」。生きている世界につながる、窓のような展示物を8つ制作。
2001年に試作展示した風灯の、2ndバージョンも公開。

→ 風灯: Solar
→ 砂時計
→ 太陽系のそと
→ 植物たちの時間
→ 昼の星空
→ 太陽からの眺め
→ 氷結した土
→ 音卓

05_mado_01.jpg


期間: 2005年7月23日~8月25日
企画・制作: リビングワールド(西村佳哲・西村たりほ)

共同制作: 安藤幸央(EXA)、石黒猛(石黒猛設計事務所)、岩政隆一(GK Tech)、川崎義博(NADI)、栗山俊一郎(KARHU)、下村義弘(SDK)、monokraft(清水徹・勝又健)
現地協働: 馬場浩史・渡辺敦子(STARNET)、高山英樹(高山木工所)
英訳: パメラ・三木

制作協力: 岡田晴夫(Pioneer)、木村亮介、4D2Uプロジェクト(国立天文台)、サウンドバム・プロジェクト、関 泰子、杉原聡、高田英樹、高山純子、塚田有一(温室)、パインフォレスト、八田英子、馬場和子、平井啓介(ナックプロ)、福田 桂(maf*maf)、藤田郁、星恵美子、ボストーク、森田 徹、STARNETのみなさん[50音順]

 

click to view on my google map
>>map view

thumbnail image 太陽からの眺め・PB version

Macintosh Powerbook 12”バージョンで京都参上

thumbnail image 七つの時間の砂時計

砂時計「In this time」のラインナップが揃いました!

thumbnail image かちわり

タネをくりぬいたら、なんだか大きなアボカドみたいでした。

thumbnail image KEEP・パンフレット&ウェブ

2004年につづき、キープ協会の募金パンフレットを…

thumbnail image 装丁「脳と遺伝子の生物時計」

山口大学・時間学研究所の井上愼一教授による教科書の装丁