shoulder image

西村佳哲。リビングワールド・代表。ときどき作文。

title image

なんのためにつくっている?

NISH (Living World) 2007-10-10

昨日、リビングサイエンス・カフェという催しがあった。僕らの仕事をいくつかご紹介して、そのあと会場のみなさんとやりとりを交わす一時間半。

会場からの質問に、「なんのためにつくっているんですか?」というものがあった。
が、僕は「うーん…その話はパス!」と、答えをにごして帰ってきてしまった。
 

どんなことを考えてつくっているのか、という話はできる。このサイトでも、Worksの各ページにはそれを書いている。
でも「なんのために?」という話はむずかしい。
レクチャーなどの場でこの質問に時々出会うのだが、いつも答えがたく、一所懸命に話してみても、たいてい後で落ち着かない気持ちになる。

うーん…と唸りながら帰宅。
会長(猫・8才)と家で待っていたたりほさんに逡巡を伝えたところ、こんなこたえが返ってきた。
 

「歌を歌っている人に、なんのために?…なんて質問は誰もしないよね。
 その質問を、私たちは受けることがある。それは私たちの仕事が、ある人にとっては〈考えて〉やっているように見えやすいんでしょう。
 でも自分たちにしてみたら、歌を歌っている人と、なんら変わらないのにね。」

ほんとうに、その通りだと思う。
 

*上の写真は、kurkkuの展示を見に来てくれた友人の息子さん。2005年の益子展にも来てくれていて、Worksのインデックスにサムネール写真がある。大きくなったなあ!(Photo: Sai Kurita)

Exif_JPEG_PICTURE 朝日とエノコログサ

杉並は和泉、神田川にかかる…

thumbnail image 太陽の光の砂時計(木枠版)

太陽の光の砂時計を、単体で木製フレームに。
◎¥12,960 在庫切れ

thumbnail image 西

二子玉川、午後4:04の西の天。

thumbnail image 白菜

白菜の芯から、菜の花。

1107touch_the_sun_thum 展覧会「Touch the Sun!」

大阪のgrafの友人たちと、夏休みの自由研究的な合同展示を…