Twitter:@lwnish
blog:NISHblog

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
INTERVIEW:

働くことに前向きな大学生が少ないのは、働いている大人が我慢しているように見えるから サイボウズ式|by 池田園子・松下美季さん[2017]

できるのは「プロセスを少しでも良くすること」。神山町での暮らしをはじめた西村佳哲さんに聞く、「働き方研究」の実践編 greenz.jp|by 杉本恭子さん[2017]

悩んだら、”わけもなく惹かれる人”の近くに行ってみる greenz.jp|by 古瀬絵里さん[2014]

世界を再認識する時間や機会をつくる Tokyo Art Navigation|by 白坂ゆりさん[2013]

世界の意味を見つけてゆく/「自分の仕事」を見つける コドモノカタチ|by 遠藤綾さん[2009]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
MOVIE:

・「この地上に、ひとの居場所を」奈良・ひとの居場所をつくるひとフォーラム[2015/約9分]

・「視力の回復」福岡・ここはどこなんだろう?会議[2013/約4分]

・「働き方からきき方へ」神戸モトマチ大学[2013/約15分]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
Online TEXT:

ぐるり雑考 町の工務店ネット・びお 連載[2017~]

みどるな仕事を訪ねて 日立製作所 広報誌連載[2012~15]

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

レクチャーやワークショップは、LWのスケジュールページ

個人ブログは →NISHblog
そのほかの散文は →LW Essays

西村佳哲

にしむら よしあき
1964年東京生まれ プランニング・ディレクター、リビングワールド代表、働き方研究家

武蔵野美術大学卒。大手建設会社を経て、つくる・書く・教える、大きく3つの領域に取り組む。開発的な仕事の相談を受けることが多く、30代のものづくり、40代の場づくりに加え、50代以降は、建築計画やまちづくりや組織開発などの仕事が中心的。

2014年から東京と徳島県神山町での二拠点居住を始め、同町の「まちを将来世代につなぐプロジェクト」に一般社団法人 神山つなぐ公社(2016〜)理事として参画。

著書は『自分の仕事をつくる』(晶文社/ちくま文庫)他。最新刊は『一緒に冒険をする』(弘文堂・2018年4月出版予定)。
京都工芸繊維大学や桑沢デザイン研究所、東京都美術館・とびらプロジェクト等で集中講義を担当している。[Mar 4, 2018]

              *

リビングワールドの前駆にあたる仕事「センソリウム」(1996~98)はオーストリア・Ars Erectronica CenterのPRIX’97|.net部門で金賞を受賞(全体のマネージメントと企画・制作のディレクションを主に担当)。
リビングワールドでの受賞歴は、第24回日本照明賞(2006)、第40回SDA賞優秀賞(2006)、グッドデザイン賞(2007)など。

全国教育系ワークショップフォーラム(2002~04)実行委員長。奈良県立図書情報館「自分の仕事を考える3日間」(2009~11)フォーラム・ディレクター。

著書に『自分の仕事をつくる』(2003 晶文社/ちくま文庫)、『自分をいかして生きる』(2009 ちくま文庫)、『自分の仕事を考える3日間』『みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?』(2009,10 弘文堂)、『かかわり方のまなび方』(2010 筑摩書房)、『いま、地方で生きるということ』(2011 ミシマ社)、『わたしのはたらき』(2011 弘文堂)、『なんのための仕事?』(2012 河出書房新社)、『ひとの居場所をつくる』(2013 筑摩書房)など。

最近は小さな会社や組織、ないし地域の相談役的な仕事が増えてきた。働き方研究から、教育・ワークショップ、以前の建築計画の経験を総動員出来るのは嬉しい。[Jun 7, 2012]
 

Photo: 後藤武浩(ゆかい)


 

つくる仕事(デザイン・ものづくり)

リビングワールドでは、企業や自治体などクライアントから請ける仕事と、自分たちで企画し製造・販売まで手がけるメーカーポジションの仕事を、約半々の割合で行っている。オリジナルプロダクトの大半は、センスウェアの試み。
→Works(リビングワールド)

個人(西村佳哲)としてかかわるデザインの仕事には、情報デザインや、コミュニケーション・デザイン領域のものが多い。
(2007年以前の個人名義での仕事や、リビングワールド以前の仕事については、備忘録を参照)

nish_personal_01.JPG

風灯プロトタイプの基盤工作中(2001)

 
書く仕事(働き方研究など)

最初の著作『自分の仕事をつくる』(2003,2009)は、30代前半に柳宗理さんやパタゴニア社など、尊敬するつくり手を訪ね歩き、彼らの働き方を訊いてまわった探検報告。AXIS誌を中心に、いくつかの雑誌に書いたインタビュー記事がベースになっている。この執筆とセンソリウムでの制作過程は、自分にとって二度目の大学のようなものだったと思う。

自分をいかして生きる』(2009,2011)は六年越しで形になった前著の補稿。この出版以降、働き方をめぐるワークショップをあまり開かなくなった。

自分の仕事を考える3日間』(2009)、『みんな、どんなふうに働いて生きてゆくの?』(2010)、『わたしのはたらき』(2011)の三冊は、奈良県立図書情報館で開催されたフォーラム「自分の仕事を考える3日間」から生まれた本。なかでも『みんな、どんなふうに…』は、自分のインタビューの仕事で最も好きな一冊。

かかわり方のまなび方』(2011)は、大学における教育活動とその途中から始まったワークショップやファシリテーションをめぐる探検報告。「人の見え方」を中心的課題として扱っている。

いま、地方で生きるということ』(2011)は、ミシマ社・三島邦弘さんのはたらきかけで生まれた一冊(タイトルも三島さん)。2011年3月11日の震災後の東北へのかかわりを一つの戸口に、働いて・生きてゆくことと場所の関係を約二週間の旅の中でさぐった。

なんのための仕事?』(2012)は働き方研究のひとまずの最終刊。デザインを通じて、仕事のあり方を考えた。エフスタイルを始め、5名のデザイナーやつくり手のインタビューを収録することが出来た。
 

本は読み手が、自分の場所で、本人のペースで再生出来るところがいい。電源不要でどこにでも持ち歩けて、手元の小さなスペースに大きな空間が生まれるところも素晴らしいと思う。

フォーラム「自分の仕事を考える3日間」(奈良・2011)より


 

教える仕事(授業・ワークショップなど)

「教える」という言い方は正確ではなくて、授業であれワークショップであれ、それらは人が人に「かかわる」仕事だと思っている。

かかわり方は、相手がどう見えているかに最も大きく左右される。そこで『かかわり方のまなび方』では、人間に対する視力の問題を中心的に扱うことになった。

かかわり方という態度的技術の共有として、近年はインタビューをテーマにしたワークショップを年に何度か開催している。
中でも年に2回、夏と冬に開催している5泊6日の インタビューのワークショップ と、橋本久仁彦さんをファシリテーターに招いて実施している 非構成的エンカウンターグループ・7泊8日 の二つは、自分にも掛け替えのない機会。

働き方研究の展開として、企業や組織にかかわる機会が増えてきた。メンバー間の話し合いの機会を第三者の良さを活かしてつくり、時には「きく」態度的技術の一端も伝え、きき合える関係の育成を試みる。

創造的でアイデアが豊富で、血のめぐりのいい組織をつくり出したければ、アイデアマンやプレゼンテーションの上手な人より、ひとの話を「きける」人材が要ると思う。人が「話してみる」ことは、それをちゃんときける人がいることによって成立するので。

            *

あらためてふり返えると、ウェブ「センソリウム」(1996)、本「自分の仕事をつくる」(2003)、フォーラム「自分の仕事を考える3日間」(2009〜11)の三つの仕事が、個人的なエポックとして浮かび上がります。[Jun 7, 2012]
 

→個人ブログ(NISHblog)
→時々書いているLWのエッセイ

→About us
→西村たりほ

thumbnail image ピンク・ドラゴン

女神山の白い猫、ピンクは病気がちなので…

thumbnail image むかごの葉

小山のうえの庭でみつけた黄色いハート

thumbnail image サウンドバムのCD “Traveling with Sounds 2”

音の旅の2nd CD。アフリカからインドまで、各地の旅の音を…
◎¥2,160 試聴できます
カートに入れる

thumbnail image 小さな木をつくろう!

世田谷区の子どもたちと、夏休みのワークショップを

thumbnail image

おおきいのも ちいさいのも
みんな 渦のなかにいる